クリスマスを前に

いつの年にも、毎年繰り返されるクリスマスでありますが、そのクリスマスの日が過ぎても、必ずと言っていいほどに、今度はクリスマスが過ぎているにもかかわらず、そのクリスマスの時にケーキを買ったお店が、その後も何週間・何か月が経過しましても、ずっとずっと意識の中を支配してまいります。ケーキ屋さんの位置も、どこそこのあのあたりというような、曖昧な感覚から、どこどこの通りをどのように曲がって、どこへはいって行ったら、何げん目にあるというふうに、徹底して具体的な状態になってまいるのであります。そうしますともう、今度は、そのケーキ屋さんから離れた場所のどこであっても、もっともっと正確に意識された位置が提供されるようになるのであります。一日一日と毎日時を刻んでいくわけなのですが、大切な何かを心の中に抱いておかない事には、ただただ、時間が通り過ぎていくだけになってしまいますので、ことのか他、侘しくなってしまいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>